精密かつ正確に測定できる圧力計

空気圧のコントロールを自由自在に

正確にタイヤの空気圧を入れるということは、どんな環境下であろうと、あらゆるサイクリストにとって重要なことです。ラフな路面では、
空気圧の低いタイヤのほうが、路面の衝撃をより吸収し、バイクのポジションの傾きを減少させ走ることができます。他方で、完全に滑らかなでフラットな路面は、高い空気圧のタイヤのほうが路面との抵抗力が少なくなるため、より速く走行が可能となります。

このように、ラフな路面において、低い空気圧のタイヤのほうが、ラフな路面を衝撃を吸収し、衝撃をライダーに伝えることなく、より速く走行することができます。地面とタイヤの接地面積がより大きくなることが強いグリップ力を生み、コーナリングの精度を高めてくれます。

空気圧とパフォーマンス

「理想的な空気圧とは?」その答えはグリップ力と安定のバランスに隠されています。高すぎる空気圧だと、タイヤの側面が安定とリムを保護しますが、長距離走行においては、乗り味が荒く感じます。空気圧が低すぎると、グリップ力は増しますが、リムへのダメージのリスクが劇的に高まる危険性があり、一定にスピードを保つことが難しくなります。